就職のお礼状について

就職のお礼状の内容

お礼状は、就職活動の結果によって出すものです。採用通知書や、内定通知書を受け取った時などに出します。内定を受け取ったら、その企業に向けてお礼状を送るというものです。就職活動が一区切りした証といえます。採用してくれたことへのありがとうございますという言葉と、これから頑張りますという意味合いの言葉をお礼状に盛り込みます。必ずしも、お礼状の投函が義務づけられているわけではありません。ケースバイケースですので、どうすればいいかは各自の考えによります。最近は大学などの就職課や学生課などでも、内定した会社に対してお礼状を出すように指導しているところが多いようです。もっとも、近年は多くの学生がお礼状を出していることもあり、採用内定に対してはお礼状を出すものだという考えの人も多いので、お礼状は出しておいたほうが無難でしょう。お礼状を出す際に重要なことは、内定通知をもらった直後ぐらいに、即座に書き上げて、送ってしまうようにすることです。期間が空きすぎると、心からのお礼の気持ちというニュアンスが薄れてしまいますので、早くに書くようにしてください。お礼状を書く時に、一緒に送付するべき書類があるならば、速やかに書類の準備を済ませて、すぐに行動したほうが印象がよくなります。送らなければいけない文書を仕上げるまでに何日かかかるという場合は、ひとまずお礼状を先に出しておいて、書類は後日送付しましょう。就職のお礼状は、相手の印象にも残るものであり、人事担当者は入社後に会う可能性は高く、場合によっては一緒に働く事になるかも知れません。可能なら、採用内定が出た直後にお礼状を出しましょう。事情があって遅れたとしても、1週間はオーバーしないようにしてください。
オーソドックスな採用のお礼状では、採用ありがとうございますというニュアンスで書くようにしましょう。お礼の言葉の後には、働き始めたら何を目標にしていきたいかや、どこを目指して生きたいかなどを書いていきます。自分以外の人もお礼状を作成しているだろうことを念頭において、シンプルな言葉でまとめることです。お礼状をしたためたいという気持ちはあっても、どんな文面にすべきか見当もつかない方もいます。なかなか書くことができない人は、最近は就職のお礼状も、例文集などが載っていますので、ネットや、就職情報誌などから抜粋することが出来ます。お礼状のフレーズは、心からの言葉であることが望ましいので、例文を引き写してお礼状を仕上げることは、いいことではありません。採用された業種や職種の内容を手紙にプラスしたり、自分だったらこう書くという文章に例文を直してみるのもいい方法です。例文の文章を一から十まで同じにすることは、おすすめでぎません。担当者の人と話した内容や、面接でのやり取りを踏まえて、他の人には書けないようなお礼状を書くのも、おすすめです。誤表記や、書き間違いがないように、お礼状を書くときには十分に注意をはらいます。もしも間違えてしまったら、紙を変えて書き直してください。特に気をつけたいのが、就職のお礼状を出す担当者の方の名前や部署です。固有名詞を書き損じることは、相手の印象を大幅に損ねますので、名前や固有名詞は、常に正しいものを書くようにします。

 

インテリジェンス ミーダス 口コミ 評判
アメリカ人 イギリス人 恋愛事情
メンタルメル友 募集 掲示板
人妻 セックス ナンパ セフレ
プチプラコスメ BBクリーム ファンデーション

 

ホーム RSS購読 サイトマップ